月夜野閑話
shimeusa.exblog.jp

自然いっぱいの月夜野生活をよそ者の視点で紹介。 それから日々のいろいろなこと。                     【コメントのお返事が遅くなりがちでごめんなさい】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ・リンク
●日本中からようこそ!ブログ●
■sit at the piano
■絵本の国
■おうちしごと日報
■絵本に感すること
■パリでごはん
■千思万考fighting!日記
■noche-style!!
■☆Cindy's TALK☆
■Elvis Cafe
■くるくるねこノしっぽ


●群馬県内ようこそ!・ブログ●
■チーズ屋モンテ・ドラーゴ マダムのつぶやき
■ミモレット・みもあき日記
■おやつデータベース・おやつ日記
■どーでしょう
■いなかでぐ〜たら
■裏のお山で雪とたわむる(徒然)
■G3-3-ぐんま人よ集まれ!-
■☆彡 なみぶたぁの
だんなのブログ ☆彡

■のぶログ -群馬にこだわるラーメン大好きのぶ山のブログ-
■Bandit's Rain
■Bandit's Rain2
■妖元斎先生 かくかたりき弐
■ぐんまでグルメぶってみるブログ+その他
■寅次郎がゆく!
■群馬県沼田市の葬儀屋で働くぶぅちゃんのブログ
■LIFE
■かざはなマスターのブログ
■★Pandora's box★
■Colors.◆◆群馬でほっこり。温泉とかごはんとか◆◆
■掌の金平糖
■旅のあとさき
■つぶのおいしいこと日記
■身近にあるしあわせ
■洋食屋田能久店主戯言
■CARTON CAFE
■楽食住
■紫陽花 *テヅクリ ナ マイニチ*
■梨の木とともに
■君と羊と馬の気まぐれ日記

●● イベント参加情報はこちらから↓ ●●
イラスト工房しめうさ堂
以前の記事
最新のトラックバック
微笑庵の「ちごもち」とひ..
from つぶのおいしいこと日記
水上 ラ・ビエール ラ・..
from Tommyのきままなグルメラ..
みなかみ町 月夜野庭銀の..
from Tommyのきままなグルメラ..
るなぱあくのもくば館
from Bandit's Rain
日本チョコレート工業協同..
from Bandit's Rain
ima
from 寅次郎がゆく!
朝日屋の麦とろ定食、ふたたび
from 寅次郎がゆく!
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お気に入りの小物たち( 26 )
念願のお財布
お財布を落としてしまったのは、もう1年以上前のこと・・・

まあ、その時はすぐに見つかり事なきを得たのですが、
お財布を落としたら(わしの手を一度は離れてしまった物だから)
すぐに次に替えるというのが、わしの考えで
この時もその後、新しいお財布を捜していました。

それが、やっと今頃、買い換えられました。

すぐに替えられなかったのは、わしの“お財布事情”なのですが
時間をかけたかいがあり、すばらしいお財布がやってきました。

e0009049_21135461.jpg



これです、じゃーーーん!!!


ブログつながり、yasusanさんの
△Great Valley▽263°製ウォレットです〜!


かっこいいぃーーー!!!(*>▽<*)


yasusanさんが、ひとつひとつ、コツコツと
作ってくれる、わしのためのお財布なのです。

さらに、(何種類かあるタイプから選んでいるのですが)
革の色や糸の色は、好きに組み合わせられるので
まさにオンリーワン!!

さらにさらに、わがままを言って
左利きのわし用に、ちょっとカスタムも
受け入れてもらっちゃいました。

yasusanさんは、一生懸命
「女性的な」色をオススメしてくれたのですが
ゴツイの好きなわしは、結局、ダークブルーをチョイス。
糸はグレーです。

しっかりした革の感触、革の匂い、
ゴツイけれど小さめなので、手にしっかりフィット。

オーダーメイドだから叶う、この満足感。

毎日、ながめてはニンマリしてます^^
これなら、絶対落とさないぞ〜〜!!!
(実はわし、過去に4回お財布落としてるのです(>_<)ゞ
でも、すべて被害ナシで手元に戻ってきてます)


yasusanさん、ハニーさん、
本当にありがとうございました!!!

愛情たっぷりで使ってますよ〜^^
[PR]
by miz-zou | 2011-05-16 21:48 | お気に入りの小物たち
坊ちゃん石鹸
多分、年齢のせいだと思うんですけど
液体ソープを使うと、手がガサガサになっちゃうので
手洗いには、固形石鹸を愛用してます。

で、さらに、普通の化粧石鹸というヤツは
どれも香りがきつくて苦手なので
昔ながらの手作り石鹸を使っています。

わし的に一番好きなのは、こちらの
『釜出し一番 坊ちゃん石鹸』

e0009049_145398.jpg

何が好きって、この坊ちゃん!
このインパクト。

もちろん石けん自体もいいんですけど・・・

e0009049_172675.jpg

本体にも坊ちゃん。
だんだん溶けていく様子は
なかなかにホラー。

一時見かけないと思っていたら
製造してる会社で、なんだかゴタゴタがあったようで・・・

やっと復活したと思ったら
ちょっとパッケージが変わっていたり・・・

ゴタゴタの内容を知ってみたら
ちょっぴり買うのを考えちゃったり・・・
しなくもないかな・・・

あとは『ねば塾』の石鹸も使っています。

・・・・・・・・・・・・・・

『釜出し一番 坊ちゃん石鹸』

『ねば塾』
[PR]
by miz-zou | 2011-01-19 01:31 | お気に入りの小物たち
柄足袋
11月、足利のイベントに出店した際、
柄足袋を買ってきました。

着物を着るわけではなく(着たいとは思いつつも・・・)
普段、足袋をはいているわけでもないけど
(そういう人が増えているらしい)

柄足袋、前から欲しかったので。

e0009049_019624.jpg
足利道楽に出店されていたのは
行田市の、創作足袋製造
『千代の松』さんです。

行田市は、かつて
足袋製造が盛んな地域でしたが
着物の衰退と共に生産が減り
足袋生産の技能者、後継者が減るのは
惜しむべき事だと『千代の松』さんが
柄足袋作りを始めたそうです。

『千代の松』さんでは
女性用、男性用ともに
サイズがそろっています。



足袋って、メーカーによって
サイズが若干変わるので、履いてみないと
ジャストフィットが分からず、
(靴下のように、多少ブカでもかまわないのでなく
足にぴったりなのがかっこいいから、らしい)
この時も試し履きして買ってきました。

そうしたら、普段、靴下や靴は23cm〜23.5cmなのに、
22.5cmがジャストサイズでした。

気に入った柄とサイズが、ちょうどあるわけもなく・・・
(標準より小さいので余計に少なかった)
かなり悩んで、麻の葉模様のこちらの足袋を買いました。

さて、これを履いて、何を着よう?
洋服の時でもいいみたいだけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・
創作足袋製造『千代の松』

埼玉県行田市1−1−16
tel:048-564-0785
[PR]
by miz-zou | 2010-12-06 18:16 | お気に入りの小物たち
しょう油差しネタひっぱります
なんだか「垂れないしょうゆ差し」の話題で
盛り上がったみたいなので
我が家のしょう油差しを集めてみました。

e0009049_0433319.jpg
先日買ったペンギンを含め
三つ使ってます。

ガラス製のは、実験器具っぽい
デザインが気に入って買いました。
ただ今、だししょう油が入ってます。

手前のは九谷焼・・・かな。
ミルクピッチャーとして使ってます。
来客時にしか登場しません。

あらためて、注いでみると・・・
どれも液ダレはしません!
特に一番垂れそうな九谷焼、優秀。




でも、三つともすべて、勢いよく
出てくるのが難点。

ポタリ、ポタリ・・・のちょうどいい加減。が
むずかしいのです。
(ペンギンくんは、空気穴を指でふさげばOK)
[PR]
by miz-zou | 2010-09-24 19:41 | お気に入りの小物たち
お義母さんのナイスアイディア
相方の実家に遊びに行ったら、お義母さんが
「ねえねえ、これ、なんだかわかる〜?」
とご自身の首元を指さしました。

「あれ、それは・・・!」
「そうそう^^帯揚げなの〜」

スカーフのように巻かれている
濃いワイン色の布は・・・
絞りの入った帯揚げです。

「わーーー、おかあさん、すてきですね〜!
すごーいナイスアイディア!!」

「でしょ〜。
タンスの肥やしにしておくのも、もったいないし。
正絹だから暖かいし。
それに絞りだから、滑らなくて解けないのよ。」

言われるまで気づかないくらい
違和感がありませんでした。

これはまねしようと思ったら・・・

「他のをあげるわよ」

と、別の帯揚げを出してきてくれました。

e0009049_19195698.jpg
クリーム色の
帯揚げをいただきました。

ほら、洋服に合わせても
ぜんぜんOKですよね。
とっても暖かくて軽くて
いいことづくめです。

もちろん帯揚げとしても
使いたいです。
[PR]
by miz-zou | 2010-02-15 19:21 | お気に入りの小物たち
カメラケース
アジアン雑貨のお店で見つけた、本来はたばこケース。

「ケータイケースにいいかも♥」と買ってきたけれど
クッション素材になっているので、音が聞こえなそう・・・

・・・ということは

コンデジケースにぴったりー!!
e0009049_14233247.jpg

ベルト通しなどに下げられる
金具も付いているので、使い勝手もよさそう^^
[PR]
by miz-zou | 2009-12-17 14:25 | お気に入りの小物たち
懐かしいおもちゃ
祖母の新盆だったので、お盆中はずっと、
母の実家に手伝いに行ってました。

そしたら叔母が
「こんなのが物置にあったよ」と
出してきてくれました。

e0009049_11184232.jpg
わしと弟で子どもの頃
よく遊んだ、乗り物玩具。

普通に乗り回すだけじゃなくて
スパナとマイナスドライバーが
付いていて、タイヤやバンパー
座席まで、取り外して遊べるんです。

分解するのが面白くて、
けっこう大きくなるまで
お気に入りのおもちゃでした。

そのあとも
いとこの所に行ったりして・・・

だから、あちこち壊れていて
部品もだいぶなくなってます。


「今、見ても楽しそうだね〜。もうこんなの売ってないのかな。」

発売元の『アサクサトーイ(浅草玩具)』さんは
ネットで調べたところ、2001年になくなってしまったようです。

タイヤを留める部分が一カ所壊れていて
チビゾウが乗ったら、タイヤが取れちゃいました。
かなり致命的な損傷です・・・

直して、また遊びたいな。
[PR]
by miz-zou | 2009-08-16 11:10 | お気に入りの小物たち
工具に萌える♪
『工具萌え』なる言葉があるのを
最近知りました。

本来
工具好き好き〜〜(ハアト)(*^_^*)
な男子の皆様のための言葉のようですが・・・


・・・「あ、わしもこれだ〜!工具萌え!」

わしも工具大好き♪萌えます〜♪

相方の仕事の関係上、工具店にはよく行くのですが
もちろん、ついて行って店内グルグル。

「わ、これかわいい♥」
「これほしい〜」

ごつい工具にはとても似つかわしくない
形容詞を使い、手にとっては喜んでます。

「ふつう女だったら車で待ってるよね・・・」
と相方、あきれ顔。

e0009049_13133281.jpg昨年の誕生日に買ってもらった
『BAHCO』の布製工具入れ

お魚のマークがかわいいのだ^^

少ないmy工具を入れて
悦に浸ってます。

・・・入ってる工具は
安物ばかりですが;

(相方を差し置いて『snap on』とか買えないよ〜(>_<))


そういえば、以前、職場で同僚(女)に

「昨日、セキチュー(ホームセンター)の
D.I.Y.館にいたでしょー」

「えー、いたよ。声かけてくれればよかったのに」

「だって、すっごい楽しそうに見てたから
声かけられなかったよ」

と言われたこともありました・・・

ハイ、服見るより楽しいです^^;
どこに萌えるのか、自分でもよくわかりませんが。
[PR]
by miz-zou | 2009-06-21 13:27 | お気に入りの小物たち
池の鯉状態
前から欲しかったけど、買えなかったもの。
買いたかったけれど、必要なかったもの。

それがこの度、思いがけず必要となり
買うことができました。

こいのぼりです。

普通のこいのぼりじゃありません。

岡本太郎デザインのこいのぼりです。

e0009049_22332960.jpg

これです。
ずーっとずーっと、欲しかったんです。

・・・でも、諸事情あって外に出せず
部屋の中で泳いでます。

空気を吸って泳ぐ姿も、ちょっと見てみたいです。
[PR]
by miz-zou | 2009-05-05 17:30 | お気に入りの小物たち
買ってください
以前書いた記事にもある、やなせたかし氏編集の
『詩とメルヘン』が休刊して約5年。

この10月に、同じ流れの雑誌
『詩とファンタジー』が創刊されました。

e0009049_13242982.jpg出版元から直接送ってもらって
手に取ったときには、思わず涙が・・・

すごーくすごーく
例えは悪いのですが
「死んじゃった人が、目の前に現れた!」
まさにそんな感じがしました。

夢の中ではなく、幽霊でもなく
本当に目の前に。

誌名がちょっと違うだけで
中身は『詩メル』と全く同じ。
イラストレーターさんも懐かしい方々。
投稿された方にも、懐かしいお名前が・・・

いまのところ月刊ではなく、季刊だし
失礼ながら、けっして大出版社ではないけれど
やなせたかし氏の責任編集は変わらず
叙情詩を大切にするスタンスも変わらず。

がんばってほしいです、いつまでも。

都内や神奈川では、書店でも発売しているようですが
群馬ではむずかしそうです。
出版元『かまくら春秋社』さんのサイトから
直接お買い求めできますので
ご興味のある方は、ぜひお手にとってください。
(840円+送料80円)

かまくら春秋社『詩とファンタジー』サイト

まるで、『詩ファン』のまわしモノですが、ぜひとも。
(ここでコマーシャルしても、わしには一銭も
バックマージンは入りませんです。)
[PR]
by miz-zou | 2007-11-02 19:18 | お気に入りの小物たち