月夜野閑話
shimeusa.exblog.jp

自然いっぱいの月夜野生活をよそ者の視点で紹介。 それから日々のいろいろなこと。                     【コメントのお返事が遅くなりがちでごめんなさい】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ・リンク
●日本中からようこそ!ブログ●
■sit at the piano
■絵本の国
■おうちしごと日報
■絵本に感すること
■パリでごはん
■千思万考fighting!日記
■noche-style!!
■☆Cindy's TALK☆
■Elvis Cafe
■くるくるねこノしっぽ


●群馬県内ようこそ!・ブログ●
■チーズ屋モンテ・ドラーゴ マダムのつぶやき
■ミモレット・みもあき日記
■おやつデータベース・おやつ日記
■どーでしょう
■いなかでぐ〜たら
■裏のお山で雪とたわむる(徒然)
■G3-3-ぐんま人よ集まれ!-
■☆彡 なみぶたぁの
だんなのブログ ☆彡

■のぶログ -群馬にこだわるラーメン大好きのぶ山のブログ-
■Bandit's Rain
■Bandit's Rain2
■妖元斎先生 かくかたりき弐
■ぐんまでグルメぶってみるブログ+その他
■寅次郎がゆく!
■群馬県沼田市の葬儀屋で働くぶぅちゃんのブログ
■LIFE
■かざはなマスターのブログ
■★Pandora's box★
■Colors.◆◆群馬でほっこり。温泉とかごはんとか◆◆
■掌の金平糖
■旅のあとさき
■つぶのおいしいこと日記
■身近にあるしあわせ
■洋食屋田能久店主戯言
■CARTON CAFE
■楽食住
■紫陽花 *テヅクリ ナ マイニチ*
■梨の木とともに
■君と羊と馬の気まぐれ日記

●● イベント参加情報はこちらから↓ ●●
イラスト工房しめうさ堂
以前の記事
最新のトラックバック
微笑庵の「ちごもち」とひ..
from つぶのおいしいこと日記
水上 ラ・ビエール ラ・..
from Tommyのきままなグルメラ..
みなかみ町 月夜野庭銀の..
from Tommyのきままなグルメラ..
るなぱあくのもくば館
from Bandit's Rain
日本チョコレート工業協同..
from Bandit's Rain
ima
from 寅次郎がゆく!
朝日屋の麦とろ定食、ふたたび
from 寅次郎がゆく!
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:月夜野とその界隈・観光( 141 )
迦葉山弥勒寺 お天狗さま
沼田市にある「迦葉山弥勒寺」は天狗のお寺として有名です。
(正式名称は迦葉山龍華院弥勒護国禅寺)
今年は10年に一度の大開帳だというので、行ってまいりました。

車で、山の上のお寺まで行けるのですが、今回は頑張って下のバス停から歩きました。
e0009049_11284756.jpg

一の門
昔はみんな歩いてお詣りしたんでしょうね。
今回は、誰とも行き会いませんでしたが。


e0009049_1130186.jpg

舗装された車道から二の門へ。
ここから本格的に旧参道の山道に入ります。



e0009049_11321843.jpg

石仏が道案内してくれてました。



e0009049_11345122.jpg

最後に現れたのは天然記念物「馬隠しの杉」
樹齢千年だそうです。








汗だくになりながら登ること40分。やっとお寺に着きました。
大きな天狗のお面が奉られている拝殿でお詣りして、いよいよご本尊拝観です。

靴を脱いで拝殿の中に入れてもらいます。
奥に、ご本尊のお天狗様が祀られている中峯堂があります。
拝殿と中峯堂は、山の斜面に建てられていて、急な階段でつながっているのです。
(ちょうど登り窯みたいな感じ。)
この階段は行きと帰りで54段ずつ、計108段とのこと。

薄暗い堂内は、和ろうそくがたかれ幻想的ですが、ちょっとけむい。。。

一番上の中峯堂に着くと案内の和尚さんがいて
ご本尊様について、説明してくれました。
ご本尊はお天狗様「中峯尊者」のお像ですが、20cmくらいの小さいお姿。
その上、暗くてよく見えませんでした。
その和尚さんも「近くで拝見したことはない」とおっしゃってました。

ご本尊のお手には赤い糸が結ばれていて、それがだんだん太い紐に変わり
さきほどの拝殿までつながっています。
それを持ってお詣りすることで、中峯尊者と手をつなぐことになり
お願い事がかなうとのこと。

いつ行っても迦葉山のお坊さんたちは、感じのいい方ばかりで
気持ちよくお詣りできるのですが、この和尚さんも煙い中
マスクをして、丁寧に説明してくださりました。

そのあと、さらに山の上の「和尚台」(奥の院)までお詣りして
おむすびを食べて戻ってきました。
お天気雨が降ってきて「天狗の仕業だ!」と盛り上がりました。

この山ではときどき、天狗の引き起こす「不思議」が体験できるようですが・・・
e0009049_1225177.jpg

[PR]
by miz-zou | 2005-05-23 11:22 | 月夜野とその界隈・観光