月夜野閑話
shimeusa.exblog.jp

自然いっぱいの月夜野生活をよそ者の視点で紹介。 それから日々のいろいろなこと。                     【コメントのお返事が遅くなりがちでごめんなさい】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ・リンク
●日本中からようこそ!ブログ●
■sit at the piano
■絵本の国
■おうちしごと日報
■絵本に感すること
■パリでごはん
■千思万考fighting!日記
■noche-style!!
■☆Cindy's TALK☆
■Elvis Cafe
■くるくるねこノしっぽ


●群馬県内ようこそ!・ブログ●
■チーズ屋モンテ・ドラーゴ マダムのつぶやき
■ミモレット・みもあき日記
■おやつデータベース・おやつ日記
■どーでしょう
■いなかでぐ〜たら
■裏のお山で雪とたわむる(徒然)
■G3-3-ぐんま人よ集まれ!-
■☆彡 なみぶたぁの
だんなのブログ ☆彡

■のぶログ -群馬にこだわるラーメン大好きのぶ山のブログ-
■Bandit's Rain
■Bandit's Rain2
■妖元斎先生 かくかたりき弐
■ぐんまでグルメぶってみるブログ+その他
■寅次郎がゆく!
■群馬県沼田市の葬儀屋で働くぶぅちゃんのブログ
■LIFE
■かざはなマスターのブログ
■★Pandora's box★
■Colors.◆◆群馬でほっこり。温泉とかごはんとか◆◆
■掌の金平糖
■旅のあとさき
■つぶのおいしいこと日記
■身近にあるしあわせ
■洋食屋田能久店主戯言
■CARTON CAFE
■楽食住
■紫陽花 *テヅクリ ナ マイニチ*
■梨の木とともに
■君と羊と馬の気まぐれ日記

●● イベント参加情報はこちらから↓ ●●
イラスト工房しめうさ堂
以前の記事
最新のトラックバック
微笑庵の「ちごもち」とひ..
from つぶのおいしいこと日記
水上 ラ・ビエール ラ・..
from Tommyのきままなグルメラ..
みなかみ町 月夜野庭銀の..
from Tommyのきままなグルメラ..
るなぱあくのもくば館
from Bandit's Rain
日本チョコレート工業協同..
from Bandit's Rain
ima
from 寅次郎がゆく!
朝日屋の麦とろ定食、ふたたび
from 寅次郎がゆく!
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「これはなんですか?」のその後
8月26日記事「これはなんですか?」について
sanzokuameさんから、早速回答のコメントをいただきました。

これは『道切り』『辻切り』といわれる風習で
村、集落の入り口(境界線)、辻に張って
病気や疫、魔物をふせぐものだそうです。

『道祖神』や『お地蔵さん』も同じような役目ですよね。

ただし石造りのこれらは、設置したら、ほぼずっとそのままですが
『道切り』は一年ごとに取り替えるのだそうです。
(これも地方によって時期等、まちまちだそうですが)

詳しくはこちらを参考に→辻切り

草履や大蛇、護符など、下げるものは地域によって違うそうですが
(おもしろいことに、神道的なもの、仏教的なもの、陰陽道と
祀るものは、地域によっていろいろあるようです)
旧新治地区で見かけたものは、ほとんどが草履でした。
これは「この集落にはこんな草履を履く者
(霊験あらたかな神、もしくは大きい力持ち)がいるんだぞ」と
外敵にアピールしているのだそうです。

我が家の近くのものは、しめ縄などに下げる和紙(四手、おんべろとも言う)が
下がっています。

ただし、ちょっと気になるのが、これら見つけたもののほとんどは
道の辻にはなかったのです。
どちらかというと、川と道との辻だったような気がするのですが。

もしかしたら、この辺りの集落は、川を境にしているのかもしれません。

この風習は、以前は日本各地で見られたものだそうですが
現在では残っているところが少ないそうです。

国道17号を通る際は、道の脇を注意して見てみてください。

それから、さらに『道切り』の月夜野、新治地方独自の習わしについて
ご存じの方がいらっしゃいましたら、お教えいただければ幸いです。

・・・・     追記     ・・・・・・・・・・
妖元斎先生よりさらに、
月夜野近辺では、風習として深く残っているけれど
『道切り』とは呼ばずに『疫神除け(やくじんよけ)』と呼ばれている。という
興味深いコメントをいただきました。

たしかに風習としては、似ていても
呼び方は地域によってさまざまかもしれません。

みなさんお住まいの地域では、同じような風習が
行われていますでしょうか?
また、行われていたらなんと呼ばれていますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
sanzokuameさん、妖元斎先生、
本当にありがとうございました。
[PR]
by miz-zou | 2006-08-28 23:43 | こんなことあったよ